ぶどうの作業が忙しくなってきました

投稿日: カテゴリー: 2016年 ぶどう栽培記録

バッファローやデラウエアなどの米国系品種のジベレリン処理も始まり、ぶどうの作業が忙しくなってきました。

誘引、摘房、芽欠きなど次から次へと仕事が押し寄せてくるので、ぶどう園にいるとあっという間に時間がたってしまいます。

自園で一番生育の速いバッファロー(アーリースチューベン)の生育状況です。

♢4月30日

赤丸で囲った部分がぶどうの房になります。バッファロー

 

♢5月3日バッファロー

 

♢5月6日

副房(分岐していた先にある小さい房)をとりました。バッファロー

 

♢5月8日

ジベレリン処理後バッファロージベレリン処理後

♢5月10日バッファロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です