ぶどう品種紹介1 バッファロー(アーリースチューベン)

投稿日: カテゴリー: ぶどう品種

バッファロー食味評価今回から現在、当園で栽培しているぶどう品種の紹介をしていきたいと思います。

数多あるぶどう品種の特徴・魅力を少しでもわかりやすく伝えられればと考えて、食味を4項目で評価してみました(園主の主観的判断に基づきます)。★1~5の5段階評価で、肉質の評価は「軟らかい、中間、堅い」で評価しています。

熟期の早い順に紹介していきます。

1回目はバッファロー(アーリースチューベン)です。

当園で栽培している品種の中では最も熟期の早い品種となります。

アメリカから日本にスチューベン(熟期の遅い品種)という品種を導入する際に混入していたため、熟期の早いスチューベン、アーリースチューベンとも呼ばれています。

ニューヨーク農試作出のアメリカ生まれのぶどうです。糖度は18~20度程よい酸味で多汁皮離れもよく、食べやすい品種です。小粒ですが、果紛(ブルーム、果実の表面の白い粉)が多く優美な外観です。

 

 

2015年のバッファロー糖度19.4度バッファロー糖度19.4度

2016年のバッファロー糖度17.7度

バッファロー糖度17.7度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です