昭平紅の食味評価

ぶどう品種紹介13 昭平紅

投稿日: カテゴリー: ぶどう品種

ぶどう品種紹介13回目は昭平紅です。

栽培が難しく、ほとんど市場に出回らない希少品種です。

味わいは酸と甘味のバランスが良くさわやかでフルーティー。

皮ごと食べられ、サクサクとした食感は新鮮で、まさに新感覚デザートという趣を備えたぶどうと言えるでしょう。

ただし、最大の欠点は裂果(皮に亀裂が入りそこが傷みやすくなる)しやすいということです。

完熟に近づくにつれ(当園での場合だと9月上旬)、糖度は上がりますが、裂果が増えてしまいます。

昭平紅は秋田県の高橋昭平氏が赤系ぶどう(品種名不明)の種をまいて選抜育成した品種です。

粒の大きさは13~20g、糖度は15~20度、程よい酸味肉質は硬めです。

皮ごと食べられフルーティーでさっぱりした食味です。

当園での販売は8月中旬からとなっております

◇2015年糖度16度の昭平紅

昭平紅糖度16度

 

◇2016年糖度15度の昭平紅

昭平紅糖度15度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です