安芸クイーンの食味評価

ぶどう品種紹介17 安芸クイーン

投稿日: カテゴリー: ぶどう品種

ぶどう品種紹介17回目は安芸クイーンです。

安芸クイーンは果樹試験場安芸津支場、で巨峰の自家受粉により育成された自殖実生を選抜育成した品種です

巨峰の遺伝子を引いているので、味の傾向は巨峰に似ていますが、巨峰より甘味を感じやすく、個人的には巨峰より美味しく感じます。

果粒は13~15 g、糖度は18~20度で、ほどよい酸味は巨峰と同程度です。

肉質はやや硬めで巨峰よりややしまった肉質です。

フォクシー香があります。

巨峰などの皮をむいて食べるオーソドックスな大粒ぶどうが好きな方にお勧めです。

当園での販売は9月上旬からとなっております。

 

◇2015年 糖度18度の安芸クイーン

安芸クイーン糖度18度

 

◇2016年 糖度18度の安芸クイーン

安芸クイーン糖度18度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です