ニューヨークマスカットの食味評価

ぶどう品種紹介9 ニューヨークマスカット

投稿日: カテゴリー: ぶどう品種

ぶどう品種紹介9回目はニューヨークマスカットです。

マスカットという名がついていますが、緑色ではなく黒いぶどうです。

名前の由来ははっきりとはわかりませんが、片親のマスカットハンブルクのマスカットの名を継承したのかもしれません。

通常、この品種は当園のバッファロー(ぶどう品種紹介1)のような小粒(3~5g)で山ぶどう的な外観で、種有りぶどうとしてつくられ、販売される事が多いのですが、当園では種なしで巨峰程度の大きさの粒の大粒ぶどうとして販売しています。

大粒化することで糖度は若干低くなってますが、非常に深くて濃い味わいがあり、美味しいぶどうで、当園でも人気の品種の一つとなっております。

ニューヨークマスカットはオンタリオ×マスカットハンブルクの交配で、ニューヨーク農試で作出されました。

粒の大きさは10g前後で糖度は17~20度、マスカットハンブルクにやや似た香りを持っています。

肉質は大粒化したことにより堅くなり、中間~やや堅めで多汁でジューシーです。

当園での販売は8月中旬からとなっております。

◇2015年糖度18度のニューヨークマスカットニューヨークマスカット糖度18度

◇2016年糖度17度のニューヨークマスカット

ニューヨークマスカット糖度17度

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です